対象企業が未公開企業か、IPO企業で定義が分かれます。

未公開企業の場合

直近の調査時までに株式または株式に転換される可能性のある調達方法にて調達した金額です。

調達金額:
スタートアップが設立から調査時までに調達した資金の合計金額(単位:千円)です。

調達金額 = 資本金 + 資本準備金 + 減資額
(資本金が不明な場合、調達金額はN/Aと表示されます。)

なお、資本準備金が公表されていない場合は、次のルールで推測しています。

増資により、資本金が5千万円を超えた場合、調達額の半分は準備金に組み入れることとします。

また、すでに資本準備金がある企業が増資を行った場合、調達額の半分は資本準備金に組み入れることとします。

例:資本金が5千万を超えているスタートアップの資本金が増加した場合、調達金額は次のように推測しています。

調達額 = (増資後資本金 - 増資前資本金) x 2

IPO企業の場合

IPO直前までに調達した金額です。

回答が見つかりましたか?