INITIALシリーズは2015年以降に設立または調達したスタートアップが対象となります。
外部調達と調達後評価額を判断の中心として付与が行われます。


シードラウンドについては、原則、初の外部調達であることを基準とし、
シリーズAについては、調達後評価額が5億円を超えることを基準とし、
シリーズB以降については、前回ラウンドとの調達後評価額と今回のラウンドの調達前評価額の変化率が20%以上であることを条件としてシリーズの算出を行います。

initial-series 01 009

そのため、現時点で評価額の算出が完了されていない、直近の評価額が算出不可である、グループ会社内で調達の主体が変更されて継続した評価額の推移の算出が困難、業態固有の特性により一律な評価算出が困難などの理由に該当する一部企業はINITIALシリーズを付与しておりません。

詳細につきましては、下記INTIIALシリーズの定義の記事をご確認ください。
https://initial.inc/articles/7oUK5qkbYvX4tLeU0VMnwM
記事の情報は基準日時点の情報となることをご了承ください。

回答が見つかりましたか?